メニュー

  • 性交の障害
  • 性交の障害

    EDの原因と対策|ペニスの悩み相談
    EDとは国内では勃起障害や勃起不全とも呼ばれる事が有る男性の方に起こる特有の症状とされ、直接性的に刺激を受けたり興奮を催しても挿入には十分とされる硬度に達する事が出来ず又、一時的に硬度が現れるものの維持する事が困難で挿入時に膣圧に負けてしまい抜けてしまう中折れ等の症状が診られるとしており、性的に欲求や衝動が起きているのにも関わらず性交を営む事が出来ない事で行為を苦痛と感じる様にもなり、相手との営みを避ける様になってしまいます。
    EDを患っている方の数は国内では若年層、中高年層を問わず多くおり、その数を推計1800万としその数は年々増加傾向にあると考えられ中高年層が発症するという印象が強かった勃起不全ですが現在では男性の方であれば年齢問わず罹患する可能性がある病気とされ、幾つかの要因から発症するとされています。
    要因とされているのは、心に抱える悩みや不安あるいは日常生活で感じる様々な心への負担等を要因とする心因型、血管の老化に伴い血液の循環を悪くしてしまう動脈硬化やその他血管やあるいは神経系に支障を起こす器質型、抗鬱剤等の長期に渡っての投与等の影響による薬剤型、上述した前二つが合わさって起こる混合型等があるとされ、特に心を要因とする場合には若年層に多い傾向が有り、反対に体に起こる影響によるのは中高年層が最も多いとされています。
    上記いずれかの要因から勃起不全の原因とされる海綿体への血液の流入量を低下させる事になり、血液が十分に蓄える事が出来なくる事を原因に勃起状態発現が起こらなくなるあるいは維持出来なくなるとされます。
    原因を治療するには、何を要因とする際でも一次の選択とされるのはED治療薬で有り、三種類の薬剤が現在国内では承認され医師により処方されますが、そのどれもが血管を拡張させる作用となるので効き目の持続性や副作用あるいは投与前の食事制限等の特徴を基準に罹患者の希望に合った薬剤を選択する事が望まれます。